Q and A

Q1, 予約はどのタイミングでしたら良いですか?

 

まずは出産予定日を元に撮影の日を仮予約という形で決めます。

ご出産されましたら、再度日程の調整をしますので、ご出産後、ご連絡をお願いします。

 

Q2, 撮影はどのくらい撮りますか?

 

撮影がスタートしてからは約2時間くらいかけて背景や小物を変えて4〜5パターンくらい撮影します。

それぞれお顔のアップ等も撮りますので、撮影カット自体は60〜80枚くらいになるかと思います。

撮影の直前に授乳をしていただき、ご自宅への出張の場合はその間に撮影のセッティングも行いますので、時間は3時間くらいはかかると思っていただいた方がよいかと思います。

赤ちゃんによってそれぞれですので、もう少しかかることもございます。

時間に余裕がある日にご予約お願いします。

ニューボーンフォトは基本的には眠っている時に撮影しますので、敏感でなかなか眠りにつかない赤ちゃんは起きたまま撮影することもございます。その都度相談させていただきながら進めていきます。

 

Q3, 撮影中ちゃんと眠るか心配です。

 

撮影するにあたり、赤ちゃんがぐっすり眠れるようにお願いしていることがいくつかございます

授乳のタイミングや、お母さんのお食事のこと、お部屋の温度等の撮影環境のことなどですが、

ご予約いただきましたら詳しくご説明しますので、ご協力よろしくお願いします。

中には敏感でなかなか眠らない赤ちゃんもいますが、赤ちゃんの様子をみて場合によってはポーズを変更したり、起きているところを撮影する等、相談させていただきながら撮影します。

Q4, 衣装はありますか?

 

ニューボーン用の衣装ございます。ブログやインスタに載せているほとんどの衣装、髪飾り、帽子やかご等のグッズはこちらの物になります。

衣装に関しては当日実際に見ていただき、お選びいただきます。

お客さまの方でご用意いただいても構いません。

お着替えの度に赤ちゃんが起きてしまうかと思いますので、基本的には1着、調子がよければ追加で1〜2着くらいになるかと思います。

ちなみに衣装や帽子、赤ちゃんをくるむ布等、撮影の度に赤ちゃん用の無添加の洗剤でお洗濯しております。

 

Q5, 家族で撮影できますか?

 

記念写真程度のものはサービスで撮影致します。(1〜2カット)

ご家族での撮影を多く希望される場合は、赤ちゃんお一人での撮影が通常より少なくなりますが対応できます。

 

Q6, 兄弟、姉妹で撮影できますか?

 

お兄ちゃん、お姉ちゃんがじっとしていられる年齢なら可能ですが、そうでない場合、一緒に撮影するのが厳しい場合もございます。

 

Q7, 撮りたいイメージがあります。

 

事前にイメージをお伝えください。画像でも構いません。

できる限りご要望におこたえしますが、赤ちゃんの様子を最優先に撮影しますので、難しい場合もあることをご了承ください。

ニューボーンフォトでは一般的なポーズであっても、助産師の判断で危険と思われるポーズは行っておりません。特にニューボーンフォトでは人気とされる、頬杖のポーズ(froggy pose)やおくるみに巻かれて自立しているように見えるポーズ(potato sack pose)等は合成で可能とされておりますが、それでも危険が伴うため、こちらでは行っておりません。

また、ニューボーンフォトのセミナー等に定期的に参加し、勉強しておりますが、そこで習ったポーズであっても、基本的には助産師の判断で赤ちゃんにとってよくないであろうポーズは避けさせていただいております。

ニューボーンフォトで大切とされる、ポーズの美しさも大事ですが、まず安全を第一に考え、可能な範囲でかわいさを表現させていただいております。赤ちゃんの状態を最優先にしますので、ポーズについてはできればお任せください。

Q8, 裸で撮影したいのですが。

 

衛生面を考え、当スタジオではおむつを取っての全裸の撮影は行っておりません。

ご希望の場合、お客さまご自身で背景となる布等、ご用意いただければ対応致しますが、

全裸での撮影は、赤ちゃんが熟睡していないと難しい場合が多いです。

可能な限りご要望におこたえできるよう、努めますが、赤ちゃんの様子に合わせ、撮影内容を変更させていただく場合がございます。

Q9, 出張撮影の場合の価格はいくらですか?

¥35,000(税別)に出張料金が追加されます。

ニューボーンフォトは準備が大変なため、2020年から松本市内での出張撮影も別途交通費をいただくことになりました。申し訳ございませんがご理解のほどよろしくお願いします。
松本市里山辺から計算し、5kmまで:¥3,000、5km以上の場合は5km以降は1kmにつき¥200の出張費用をいただいております。(例:6kmの場合は¥3,000+¥200=¥3,200)

 

Q10, スタジオ撮影のメリットは?

 

出張ですと、どうしても荷物がかさばり、豊富にあるニューボーンフォトのグッズをすべてお持ちすることが難しいため、事前にカゴ等のグッズは写真でお見せした中よりお選びいただいておりますが、スタジオ撮影の場合は、実物を見て選びながら撮影を進めることができます。

 

また、出張の場合は撮影のセッティングに少しお時間いただきますが、スタジオ撮影では事前にセットすることができるため、お客さまをお待たせする時間が短く、スムーズに撮影を始められます。

 

ご希望の方には家族写真を数枚サービスでお撮りしますが、ご自宅によってはスペースが厳しく、そういった撮影が難しい場合がございます。

アパート等で撮影スペースの確保が難しい場合も、スタジオにお越しいただければと思います。

スタジオでは空気清浄機をつけております。

また、ニューボーンフォトを行うため、スタジオ内は他の撮影でもペット禁止とさせていただいております。(庭/外ではペット可能です)

 

Q11, 生後1ヶ月以内の外出は抵抗があります。

 

不安な方は、出張撮影をご利用ください。

ちなみに助産師さんによると、不特定多数の人が集まるような場所へ行くのは良くないですが、

当スタジオは完全予約制の貸切での撮影となるため、特に問題はないとのことです。

ただ、スタジオ撮影でも出張撮影でもそれぞれメリット・デメリットがあると思いますので、

お客さまのご都合に合わせてお選びいただければと思います。

 

Q12, 値段が高い・・・?

 

カメラマンの佐々木は学生時代にアメリカで撮影の勉強をしてきました。アメリカはニューボーンフォトの本場ということもあり、その頃からニューボーンフォトに興味があり、ずっとやりたいという気持ちがありました。実際に撮影させていただくことになり、松本でも広まって欲しいという思いから、東京等ニューボーンフォトが盛んな地域に比べ、できる限り価格を抑えさせていただいてはおりますが、長野県内の他のスタジオさん等に比べると、少し高いお値段かもしれません。

それは私が1人ではなく、助産師さんと一緒に撮影させていただき、助産師さんにも仕事としてきちんとお願いしているため、最低でもこの価格になってしまいます。

 

カメラマン1人で撮影している方もたくさんいますが、当スタジオでは安心・安全を第一に考えており、助産師さんの協力のもと撮影してまいりますので、ご理解いただければと思います。

 

また、撮影のグッズもヨーロッパやアメリカ等、ニューボーンフォトが盛んな国の作家さんから専用のグッズをたくさん取り寄せております。日本にいる職人さんに作っていただくこともあります。

そういったこともあり、少しお高く感じるかもしれませんが、きっと満足していただける撮影になるかと思いますので、ぜひご検討くださいませ。

 

アルバムや台紙はニューボーンフォト限定の割引がございます。

 

All images copyrighted © Midori Sasaki Photography

  • w-facebook
  • White Instagram Icon